医療法人ハートフルは、リハビリテーションに主軸を置いた総合福祉医療グループです。

アマノリハビリテーション病院

 

廿日市総合在宅ケアセンターあまの

詳細はこちら

あまのクリニック カーサミーア 熱海の里 あいプラザ

医療法人ハートフル アマノリハビリテーション病院 あまのクリニック

文字サイズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護部HOME 看護部のご案内 看護部長の挨拶 看護部の教育体制

募集要項

勤務条件

 

看護部の教育体制

 

教育理念
 
 リハビリテーション病院の看護職員として、役割が果たせるよう育成する。

 

 

 

教育目標
 

1)看護

疾病・障害・加齢等による生活上の問題を有する、患者や家族に対し、可能な限り日常生活活動の自立とQOL(生活の質)の向上を図ることができる知識・技術を習得し看護実践ができる。

2)介護 疾病・障害・加齢等による生活上の問題を有する、患者や家族に対し、可能な限り日常生活活動の自立とQOL(生活の質)の向上を図ることができる知識・技術を習得し介護実践ができる。

 

 

 

 

採用時の教育
 

 プリセプターシップ制度を導入しています。採用者には担当看護師又はケアワーカーを決め、個人指導を行なうとともに、配置部署全員で指導する方法を取っていま
す。採用時に年輪と言う意味の「tree ring」ファイルを渡しています。内容は法人の理念をはじめ、研修参加状況、研究発表等業績、具体的な現場教育方法、技術評
価表、面談シート等、それぞれを記入していくことで、自分の成長が見えるものになっています。このファイルは現場教育の指標として、職員全員が持っています。
年輪を重ね成長してほしいという願いです。

 

 

 

 

平成29年度 院内研修計画

 平成28年12月より認知症加算の算定を始めました。所定の研修を修了した看護師を各病棟複数名配置し、「認知症患者の看護マニュアル」を作成し、認知機能の評価を行い、適切な看護計画を立案し、実施しています。院内研修でも昨年は認知症患者の看護に力を入れて研修会を行いました。
 今年度は日赤看護大学の迫田教授による摂食嚥下障害患者のポジショニング技術を学び看護実践できる看護師を育成するための研修を企画しました。また、患者の病態生理を理解し、異常の早期発見ができる看護師を育成するためフイジカルアセスメントの研修も行います。

 
 
 ◆看護教育委員会主催研修1回/月計画、法人教育委員会主催研修1回/1~2月